2011年08月21日

画面スクロールを考える。

iMac_lion.jpg

Lionになって、画面スクロールの操作方法が今までと真逆になった。
デフォルトの設定では、画面を上にずらす時はマウスホイールを上方向に回転、下にずらすときは、下方向に回転させる。
併せてスクロールバーもなくなっている。
(iPhone同様、操作中のみスクロールの位置を把握する意味で表示される)

マウスだとそうなるが、今後アップルは文字入力以外のカーソル操作を、マウスからマジックトラックパッド(以下「MT」と呼ぶ)へ移行するよう推奨しており、MTの使用においては、画面を上にずらす時は、MT上で指を上方向に滑らす、画面を下にずらすときには、指を下方向に滑らす操作となる。
大胆な変更のようだが、これはiPhoneやiPadの画面操作に合わせた考え方で、デバイス間によるその操作性の違いを解消した狙いがあると言われているが、他方で波紋も多い。
なぜなら画面スクロールの操作は、Microsoftが開発したマウスホイールによる操作が一般的となりすぎており、その操作方法がかなり根深く浸透しているからである。
続きを読む
posted by omiya at 17:07| Comment(0) | 日記