2010年08月01日

EOS 7Dインプレ

eos7d.jpg

手持ちのDSLRをOLYMPUS EシステムからCanon EOSシステムに変えた。
秋に披露宴に招待され、ブライダルフォトを依頼されたのがきっかけだ。

OLYMPUS Eシステムはもちろん良いシステムであったが、それ以上に
マイクロフォーサーズシステムのできが良く、フォーサーズの出番が無くなってしまったのだ。
またDSLRそのものが、普段の撮影シーンではその必要性が無いのも事実。
ただ、たまに「撮ってほしい」という依頼もあるので、保険としてDSLRは持ってはいたい。
そんな折り、某shopでEシステムを結構良い値段で買い取ってくっる期間限定のサービスを
見つけ、思い切って売りに出した。
ボディー2台とレンズ2本で、7DとEF35mmF2を入手し、お釣りもきた。
ラッキーだったかもしれない。

EOSのボディーも5D-M2と7Dとで迷ったが、ほとんど使用しないであろうカメラに20万は払えない。
また、フルサイズのボケを我慢すれば、7Dのコストパフォーマンスはすばらしいものである。
そこで悩んだのがレンズ。
ボケの量はフルサイズに及ばなくとも、優しいボケの表現できるレンズは無いものかと。。。
調べてみると、これがホントに無い。
むろん高額&重量級のLレンズであれば、望みは叶う部分もあるだろうが、そんなレンズじゃ、
ますます持ち出さなくなる。
そうはいっても純正レンズ一本はほしかったので、ネット上のサンプルを写真を探しまくり、
大きさ、コスト、描画、のバランスの取れたEF35mm F2を購入することとした。
また、以前から試してみたかった、Y/Cレンズを装着するためのアダプターも入手してみた。

続きを読む
posted by omiya at 17:06| Comment(0) | 日記

2010年07月10日

やっぱりドラマはハッピーエンド

room06.jpg


月9ドラマ”月の恋人”が終わった。
いや、やっぱりドラマはハッピーエンドが良いね。

さてこのドラマ、久しぶりのキムタクの月9ドラマという前評判から
初回は20%越えの高い視聴率を記録したものの、その後急激に評判が下がり
13%台に下がったようだ。
その理由としてネット上では、演出の古さ、無理のあるストーリー展開、
女優リン・チーリンの演技力、などが挙げられているが、果たしてそうなのだろうか。
もし本当にそう評価されているとしたら、なんだか悲しい。
本当に日本は元気がないんだ、このドラマを見る世代の若者は夢を無くしているんだ、
とそう感じてしまう。

ドラマなんてクサくて良い。現実離れしていて当然。格好良ければそれで良い。そう思う。
確かにリン・チーリンや北川景子の演技力にはまだまだ勉強する所があると思うが、
キムタクのかっこよさと、篠原の”演技の間”には感心させられる。
また恋愛以外のストーリーも、”物作り日本”を改めて考えさせる、良い内容だったと思う。

田村正和や石田純一の後を継げる男優はキムタクしかいない。
あそこまでクサい事を、あそこまで格好良く振る舞える彼に嫉妬する。




posted by omiya at 21:22| Comment(0) | 日記

2010年07月04日

写真展

sailent_monochrome.jpg

さて、最近巡った2つの写真展を紹介する。

一つ目は銀座、資生堂ギャラリーで開催されている、
「暗がりの明かり チェコ写真の現在展」
現代のチェコを代表する下記10名の写真家を紹介したもの。

• Vladimír Birgus(ウラジミール・ビルグス)
• Václav Jirásek(ヴァーツラフ・イラセック)
• Antonín Kratochvíl(アントニーン・クラトフヴィール)
• Michal Macků(ミハル・マツクー)
• Dita Pepe(ディタ・ペペ)
• Ivan Pinkava(イヴァン・ピンカヴァ)
• Rudo Prekop(ルド・プレコップ)
• Tono Stano(トノ・スタノ)
• Jindřich Štreit(インドジヒ・シュトライト)
• Tereza Vlčková(テレザ・ヴルチュコヴァー)

ドキュメンタリーからポートレイトまで、チェコ写真表現の現在を垣間見ることができた。
小生は国内アーティストの写真ばかり見ていたので、海外の前衛的な写真表現は
大変よい刺激になった。
ジャンルは違っても、個々写真には秘めた強い思いを感じ取ることができる。
日本の写真作家に多い、単に奇をてらった作品は一つもない。
それぞれに技術とセンスと主張を感じる。

印象に残っている作家は、イヴァン・ピンカヴァ
少ない情報にも関わらず、訴えたいもの(私が感じた)を強く感じ取ることができた。
何故か考えさせられ、見入ってしまった。
続きを読む
posted by omiya at 17:21| Comment(0) | 日記

2010年07月03日

My iPhone

iPhone01.jpg

予約開始日の翌日に、勤務先最寄りのソフトバンクで予約をし、
発売日に手に入れることができた。
そのショップでは、予約段階で「引き渡しは受付順ではなく抽選による」
との但し書きがあったせいか、待つことがなく予約ができ、
また手に入れることができた。
実際に抽選したのか否かは分からないが、混雑を防ぐ意味では、
なかなか賢い捌き方だったと思う。

さて、手元に来たiPhone4。
事前にiPodTouchで予習?していたので、使い方に戸惑いは
なかったものの、やや重みを感じる。
緻密で硬質、剛性はとても高いが、遊びが全くない。
すなわち落下させれば、おそらくは大破。
国産の携帯電話機のように、安心保証パックなるものも
用意されていないので、否が応にも、取り扱いには神経を使ってしまう。
レザーで全面を覆うタイプのケースが見つかれば、改めて購入したい。
続きを読む
posted by omiya at 23:42| Comment(0) | 日記

2010年06月08日

iPhone4

iphone4.jpg

予定通り発表された。
画像はずいぶん前にリークされていたので、視覚的な驚きはないが、
孫社長もtwitterで絶賛していたように、アップデートの内容は大変大きい。

Introduction videoをみて、まず映像のきれいさに圧倒された。
iPod Touchでも、その美しい映像に満足しているが、遙かにしのぐ美しさである。
それだけでほしくなる。
現在通勤電車内でのiPod Touchの活用は、小生の場合ビデオ鑑賞である。
iPhone 4を導入後も、恐らくネット閲覧でも、メールでもtwitterでもなく、
ビデオ鑑賞となるであろう。
映像を他人と一緒に鑑賞するのは、気を遣うので、どうも苦手である。
電車内や外出先でのビデオ鑑賞は集中できる。

また、FaceTimeも楽しみな機能。
通信回線をWi-Fiに限った大胆な設定だが、3Gの通信インフラを考えれば当たり前か。
このあたりの判断が、テレビ電話で転けたドコモとの違い。

しかし、最近のアップルの製品は細部に渡って本当に美しい。
失礼な言い方かもしれないが、もはやそこにアメリカ製品のイメージは無い。
ジョブスCEOの徹底したこだわりが、そこかしこに現れている。
posted by omiya at 23:42| Comment(0) | 日記

2010年06月07日

noon Live @ Teishaba Vol3

ginza11.jpg

約半年ぶりの停車場。
再びnoonさんのLiveに行ってきた。
わざわざ店のオーナーから「またやるよ」ってメールを頂いた。
Jazzミュージシャンのライブなんぞ、気にしていないと見逃してしまう事が多いので、非常に助かる。
noonさんの停車場でのライブは、どうやら定着したようなので、今後もなるべく顔を出したいと思っている。
停車場では市原ひかりさんもLiveをやり始めたようなので、
次回開催時は是非案内をくれるように頼んでおいた。

今回のお相手は、ピアニストの秋田慎治
個人的にはポスト小曽根真ではと思っている。
彼は日本の様々なJazzミュージシャンとコラボレーションを行っているが、
最近のnoonさんのAlbum”SongBook”の楽曲アレンジを行っているようだ。

彼女の声は何時聞いても良い。本当に癒される。
会場の雰囲気もいつになく良く、秋田さんの未発表ボーカルナンバーのお披露目
(恐らく予定外)や、アンコールではマイケルジャクソンの名曲”Ben”を熱唱頂いた。

停車場で聞くnoonさんのLive。
いつもラッキーと思わせてくれるすてきな時間を提供してくれる。
posted by omiya at 00:53| Comment(0) | 日記

2010年05月30日

Perfect Living Gadget

iPad02.jpg

多分に漏れずiPad。
予約が早期に締め切られ、こりゃ当分手に入らないなぁと早期入手は諦めていたが、
発売日である先週金曜日、早々に仕事を切り上げ、ダメ元で家電量販店に向かうと、
なんと30分程度の待ちで購入できた。
32GBのWi-Fiモデル。
64GBは売り切れだったが、当初より32GBを考えていたので即決。

発表時よりLiving Gadgetとして活用を考えていたが、想像以上に快適に使用できている。
新聞、雑誌リーダ、百科事典、マップ、郵便番号検索、ネットラジオ、もちろんWeb閲覧、etc.
情報収集ガジェットとして、これほど便利で優れたものはない。
起動が速いのがよい。ちょっと調べものするのに、PC起動時の儀式なんて見てられない。

iPadを触っていると、情報収集としてのテレビの役目はもう終演の時を迎えたかのように思う。
情報過多の時代。情報は一方的に与えられるものから、自身で選択する時代になった。
続きを読む
posted by omiya at 23:49| Comment(0) | 日記

2010年05月23日

バルテュス絵画の考察II

bauhaus.jpg


先週の話になってしまうが、表記、論文のタイトルのような写真展を見てきた。
本日23日までの写真展なので、ごらんの皆様に見ることをお勧めすることはできないが、
作家曰く、このシリーズは続けていくとの事なので、別の機会に是非見て頂きたい。

原久路氏の今回のシリーズは、正当派の写真好きの方には些か抵抗のある作品内容かも知れない。
しかし、完璧に作り込まれたこの独特な世界に、問答無用に引き込まれた。
20世紀に活躍した画家、バルテュスが描いた絵画をモチーフにした作品であり、展示会場には
その絵画本も置かれ、作品を比較しながら楽しむことができた。
しかし、個人的にはバルテュスの作品云々とは関係なく、ロケーション、モデル、衣装、
演出、そしてプリントの仕上げ、写真作品として完璧なプロデュースに強い感銘を受けた。

演出された写真といっても、コマーシャルフォトの様に、演出されたものを正確に伝える
ためだけであれば、高精細なデジタルカメラで撮影すればそれで済んでしまうが、
それだけでは、なかなか写真作品にはなりえない。
写真作品にするにはどうすればよいのか。
原久路氏の今回の作品には、その答えが多く含んでいるように思える。
また新しい写真表現に出会えた感じである。

作品のコンセプトについてはこちらに詳しく書かれているので参考にしてほしい。
posted by omiya at 17:23| Comment(0) | 日記

2010年05月16日

GXR P10 プリントインプレ2

gxr2.jpg

GXR P10のサンプルを今度はA3のびサイズに出力してみた。
結構踏ん張りますね。ちょっとびっくりしました。
明らかにGRDとは違う仕上がり。

GRDの1/1.7CCDとは違い、1/2.3CMOSとなり、サイズ的にはさらに小さくなっているのだが、
仕上がりは断然良いように思う。これなら作品作りにも耐えられそう。
なんか、CMOSって良いなぁ。
レンズセットが5万円以下で購入可能とはさらにびっくりである。

続きを読む
posted by omiya at 16:36| Comment(0) | 日記

2010年05月10日

GXR P10

gxr.jpg

カメラネタは久しぶりか。
リコーGXRに新しいレンズユニット、P10 28-300mm F3.5-5.6が登場した。
GXRは以前から気にはなっているカメラである。
サンプル写真がとても良い感じだったので、オリジナルjpeg画像をダウンロードし、
CameraRAWでモノクロ化、プリントしてみた。

オリジナルデータはこちら。きれいなカラーポートレイトである。
http://www.ricoh.co.jp/dc/gxr/img/sample_08.jpg
1/2.3型CMOSで高倍率レンズ。しかしこれだけの描写ができれば十分優秀である。
ちなみに、添付の写真はモノクロプリントを撮影したカラー写真である。
このサイズではわかりにくいと思うが、プリントの良さの雰囲気は伝わるか。。。

気になるデジカメはモニターで確認するだけでなく、必ずプリントすることにしている。
フォトショップでの加工の相性、プリントの仕上がりを確認するためである。
何となく最近思うのが、フォトショップでの加工に強いデータ、弱いデータ。
また、プリントに向くデータ、向かないデータがあるように感じる。
それもセンサーサイズとは関係ない。
フルサイズのものでも、きれいにプリントできないものがある。

GRDを含め、リコーが上手いなーと思うのは、センサーサイズが小さいことによるデメリットを、
実に上手く銀塩ライクにソフト処理している所である。
モニターで等倍で見て頂くと分かると思うが、解像度は決して高くない。
しかし、ジャギーを巧妙に処理し、階調豊かに仕上げているのである。
これは、フィルムスキャンした画像に似ていて、良い意味でデジタルくさい絵になっていない。

唯一難点は色収差。なんでソフト処理してくれないのであろう。
もしかしたら光学メーカーの意地なのか。
モノクロにしてしまえば無論関係ない事ではあるが、これではカラー作品として使えない。
どうせフォトショップで処理するのだから、最初からカメラの中で処理してほしいものだ。
posted by omiya at 00:45| Comment(0) | 日記